MNN Co.,Ltd

Community Factory

社会に繫がる居場所

「コミュニティ工場」って何 !?

コミュニティ工場は、働く機会を創出するためにつくられた工場です。

今の社会や企業の仕組みと合わないなどの理由で、働く場所がなかなかみつからない人たちに働く場所を提供したいという思いで運営しています。認定NPO法人育て上げネット(https://www.sodateage.net)や非営利株式会社 Polaris(https://polaris-npc.com)などの協力を得て始動しました。

助成金や補助金などをベースに経営するのではなく「売買差益でビジネスを成り立たせる」、いわゆるソーシャルビジネスであることを関わっている人がそれぞれ意識して挑んでいます。

そのためにやっていること...

人に合わせて働く場所を作る

これまでの企業では、「作るものや会社の都合に働く人を合わせる」仕組みが当たり前でした。しかし、コミュニティ工場では、「働く人の居場所を作るために売れるものを作り、関わる人たちが力を発揮できる方法を考える」という方針です。

一人ひとりが「モノを作って売る」商売の視点をもって働く

工場での生産方法は、ベルトコンベアなど商品が絶え間なく流れてくるような【ライン生産】 ではなく、スタッフやチームのペースでできるバッチ生産という方法を主に採っています。

生産の始まりから終わりまでが見えるので、機械のような単純作業にはならず「自分が携わる商 品」ということを実感しやすいようにしています。 「モノをつくって売る」というシンプルな商売の本質を感じられることを大事にしています。

週4出勤でも正社員

週5フルタイム勤務が難しい人たちのために、週4出勤からでも正社員として雇用。今の日本では「正社員として働けること」は本人にもその家族にも安心感を与えます。本人に自信や自尊心が回復し、その人本来の能力を発揮することが期待できます。それが、働く意欲向上につながり、未来への展望につながっていくことが理想です。

どんなものを作っているの!?

洋風かりんとう「たまカリーネ」

マカロニを使った新食感お菓子。

有名航空会社の機内販売品に採用されたMNH開発の新しいお菓子です。

「オレキエッテ」のお菓子

イタリア南部の伝統パスタ。

雑貨店・デパート催事販売などで人気です。本場イタリア人も絶賛の新感覚お菓子です。

「玄米コーヒー」

完全ゼロカフェイン・玄米でコーヒー気分。喫茶店などの業務用としての出荷も行っております。ロンドンやシンガポールのカフェにも供給し人気となっています。

プリント系お菓子

小ロットからオリジナルができる。

有名キャラクター、テーマパークのオリジナル、コラボカフェの業務用など、多種多様なものに対応します。

コミュニティ工場のお仕事内容

従業員の声・仕事のやりがい

コミュニティ工場は、ライン生産ではなし得ない「モノづくり」を目指しています。

その人の居場所だけでなく、活躍の場を作ること。仕事を通じて、生きがいを得るような仕組みづくりを考えて共に 成長できる工場にしていきたいと思っています。

スタッフKさん

専門学校を中退してから、様々なアルバイトを経験しましたが、どんな職場でも「接客」をしなくてはならなかったんです。それが苦痛で。だいたい数ヶ月で辞めていました。

だから、コミュニティ工場に来たときも、3ヶ月くらいで辞めるかなあと思っていました。

それが、気づいたら1年以上勤めることになって・・・。まさか、自分が正社員になるとは思っていなかったです。考えてみるとここでは、真面目に仕事をしていれば、煩わしい人間関係に悩まされることがなかったんです。

接客もないし。それが自分にとってよかったかなあと思う。

先輩社員のコメント

今は、大なべをつかった菓子作りから、様々な包装機械のオペレーションまで任されるKさん。不規則だった生活から一転、遅刻も一度もなく、メンバーが急病のときはピンチヒッターを申し出てくれるなど、頼りになる存在です。

スタッフKさん

僕は、専門学校を出た後、その技術を生かす工場で働けるかなあと思って就活したんですね。

でも、意外と接客をする機会が多いのがわかって。僕はそういうのダメだから。

それで、なかなか就職まですすまずに、引きこもってしまいました。

それから3年間ニートです。ジョブトレーニングを経て、コミュニティ工場に来てからは、なんとなく仕事が自分に合うかなあって思っています。

先輩社員のコメント

コミュニティ工場の「ウリ」の一つに、フードプリントを使用した菓子製造があります。その精度の高い印刷を担っているのが、Kさん。誰にも真似のできないきめ細かい技術と注意力で、菓子工場の高品質な水準を請け負ってくれています。

スタッフOさん

大卒後、就職に失敗し、長期間引きこもっていました。大手のチェーン店に就職するも、勤め先がつぶれて、再度引きこもりがちに。サポステを通して、コミュニティ工場に来てからは、「まじめだけが取り柄」な自分の居場所として、仕事を続けています。

当時、責任者として働いた経験も、工場を運営する上で役にたっています。

先輩社員のコメント

製造スケジュールを立て、品質を管理するという難しい仕事をこなしながら、誰にでも思いやりを持って接しているOさん。リーダーとして、皆に頼りにされています。 引きこもりを経験している 同僚として、安心して相談できるお兄さん的な存在でもあります。

ビジョンとミッション

ビジョンとミッション

本来であれば、誰もが仕事に生かせる能力を持っているはず。しかし、今の社会や会社の仕組みや価値観に自分の個性や生活状況が合わず、働くことができない人たちがいます。

「社会や会社の受け入れ方が変われば、誰もが自分の能力を生かせる仕事ができ、社会と人が繋がれる場ができる」―そんな思いで、コミュニティ工場を立ち上げました。

コミュニティ工場のミッションは、少ない労働時間でも正社員雇用し「安心」できる状況を確保すること。短時間でも働ける仕組みをつくること、人に合わせた生産の仕組みでありながらも、利益が出せる事業を展開し、経済的自立ができるようにすること。

そして、一度働くことから排除された人でも、いつでも、何度でも「もう一度社会とつながれる新しい働き場」を日本中に広げていきます。

もう一度つながれる新しい働き場へ

コミュニティ工場では定期的な求人は行っておりませんが、職場体験は随時受け入れております。まずはどのような所なのか、体験して頂くところから始めています。いま働いているスタッフも職場体験からスタートしています。

MNHでは直接のご応募は受けておりません。まずは、下記の団体・機関にお問い合わせください。

サポステ調布 育て上げネット

工場概要

東京コミュニティ工場
〒182-0021 
東京都調布市調布ヶ丘1-34-1
庄内コミュニティ工場
〒999-7781 
山形県東田川郡庄内町余目字沢田108-1